快適に暮らすためのこだわりが詰まった家

2018-10-10

庭木の素敵なお家にモダン乱敷きを施工させていただきました。
床や壁に徳島産の杉材をふんだんに使用し、テーブルや椅子にも素材にこだわった部屋は、とても雰囲気のある空間でした。

杉は気持ちを落ち着かせる効果(住宅向き)があり、逆に檜の香りは覚醒させる(神社仏閣向き)と聞いた事があります。

 

施工後

施工後

裏返しか、表替えをご希望ということでお伺いさせていただきました。

12年の歳月で表面が傷んでいながらも、床(とこ:畳の芯材の事)がしっかりしていたので表替えをする事に。

 

施工後

施工後

 

耐久性のある和紙で出来た畳表だといろんなカラーが選べるという点と、折角張り替えるのなら敷き方をアレンジして少し遊んでみるということ事に。

 

カラー見本

カラー見本

 

「張替えなのにそんなこと出来るの?」と疑問をお持ちかと思いますが、これがモダン乱敷きの面白いところなんです。

 

施工後

施工後

 

まずは規則的に並んだ敷き方を思い切って変えます。

真ん中の列の一枚を半分に切り、両サイドへ移動します。

カラーは基本的に明るい乳白色を選び、アクセントに若草色を半畳にさりげなく。

 

施工後ステキなお庭から

 

ヘリの色は同色の乳白色を選んで、柔らかな雰囲気に仕上げました。

出来上がりを見て大変ご満足していただきました。

 

施工前

施工前

「これからのお客様へ」    モダン乱敷きとはお客様と畳店が模索しながら創り上げていく自分だけのオリジナルデザインです。

サンプルを並べ、何度でも無料でデザインいたします。

ご安心してお気軽にお問い合わせください。

Copyright(C) kitamuratatamiten. All Rights Reserved